FC2ブログ

企業の広報・PR 活動に利用拡大するプレスリリース配信サービス - 目指せ月収30万!夢のクロスビズアフィリエイト!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
     ↑
ブログランキング参加中!
応援のポチッ!を頂けると元気になります!

企業の広報・PR 活動に利用拡大するプレスリリース配信サービス

企業の広報・PR 活動にインターネットを活用し、数多くのサイトに情報を発信する「プレスリリース配信サービス」が注目されている。このサービスの最大の特長は、発表したプレスリリースを新聞社、ポータルサイトなどに配信・掲載することができる点にあり、デジタル時代の重要な PR 手法として企業や自治体の活用が増えている。

大手 PR 会社のプラップジャパンとソーシャルマーケティングなどのコンサルティング会社ブログウォッチャーが共同開発し、7月にサービス提供を開始した「Digital PR Platform(デジタル PR プラットフォーム)」もそのひとつだ。

このサービスは、新聞社、大手ポータルサイト、各業界の専門サイトなどにプレスリリースを配信・掲載することができるのに加えて、ソーシャルメディアへの情報波及効果を検証できる機能を備えているのが大きな特長だ。長年の広報・PR のノウハウをもつプラップジャパンとデジタルにおける効果計測ノウハウを持つブログウォッチャーの長所を融合したサービスだと言える。

この効果測定ツールでは、ブログウォッチャーが持つブログとツイッターのデータベースを利用し、リリース配信から1年間、プレスリリース発信者が登録したキーワードについて書かれたブログとツイッターの記事データを自動で取得し続ける。広報担当者が活動課題として挙げることの多い効果測定をリアルタイムで行うことで、配信したリリースのメッセージやキーワードの選定などの効果を検証し、次の広報戦略に活かすことができるという。

また、自動のクリッピングシステムも標準装備。掲載された記事の URL をリアルタイムで自動的に取得し、担当者の負担軽減とリリース配信サービスの効果的な活用を支援している。プレスリリースを出してから「やりっぱなし」感が多かった他サービスと差別化をはかっており、サービス利用者からは「一度使用したらやめられない」という声も届いているという。

プラップジャパンによると、今後の展開としてプレスリリース配信先媒体の増強だけでなく、動画リリースの制作、配信やソーシャルメディアへのリリース配信など新サービスの展開を通じてデジタル PR の拡充をはかっていくとしている。

近年、デジタルメディアやデジタルデバイスの多様化、ソーシャルメディアの拡大によりデジタルユーザーの情報に対するニーズは多様化している。750億円と言われる広報・PR の市場においても、デジタルユーザーへのより効果的なアプローチのためのノウハウや新たな技術・サービスの提供が求められると言えよう。





関連記事
人気ブログランキングへ
     ↑
ブログランキング参加中!
応援のポチッ!を頂けると元気になります!

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://crossbiznet.blog77.fc2.com/tb.php/119-7000878c

トルコリラFX業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。