FC2ブログ

YouTube、音楽レーベルにデジタルコンテンツ、グッズ、チケットの販売を許可 - 目指せ月収30万!夢のクロスビズアフィリエイト!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
     ↑
ブログランキング参加中!
応援のポチッ!を頂けると元気になります!

YouTube、音楽レーベルにデジタルコンテンツ、グッズ、チケットの販売を許可

半年前の発表ではYouTubeは毎日30億回ビデオを再生しているということだったが、Googleが先週行われた第3四半期の業績報告で明らかにしたところによれば、 月間訪問者はなんと8億人に上るという。さらに今日、YouTubeは新しい機能をリリースした。サイト内でグッズやコンサートチケットなどが販売できるようになったというのだ。

この機能はMerch Storeと呼ばれ、YouTubeの音楽パートナーに選定されたレーベルは アーティストの楽曲のダウンロード、グッズ、コンサート・チケットその他の商品を販売できる。ストアの運営にあたってYouTubeは、グッズ等のオンライン販売ではTopspinと、コンサート・チケットやイベントなどのユーザー体験の分野ではSongKickと、音楽ダウンロードではiTunes及びAmazonなど多くの有力企業と提携している。

YouTubeではこの数週間でMerch Storeを全世界に公開する予定だとしている。売上の配分についてYouTubeは具体的な数字を明かすことを避けたが、「われわれの取り分は多くない。コストをまかなう程度だ」と述べている。ただしアーティストへの分配額は、MerchStoreでも他のアフィリエイト・チャンネルでもまったく変わりないという。

グッズ、楽曲、チケットなどの販売がサイト内で可能になれば、アーティストにとってもファンにとってもYouTubeの価値がいっそう高まるのは疑いない。YouTubeでミュージック・ビデオを検索して購入できるようになるのも遠くないかもしれない。アーティスト自身が何らかの形で登場し、作品を直接購入できるようになるといったことも考えられる。

(翻訳:滑川海彦)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111018-00001541-techcr-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



関連記事
人気ブログランキングへ
     ↑
ブログランキング参加中!
応援のポチッ!を頂けると元気になります!

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://crossbiznet.blog77.fc2.com/tb.php/185-96185c76

トルコリラFX業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。