FC2ブログ

China Impact 無料教材 - 目指せ月収30万!夢のクロスビズアフィリエイト!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ
     ↑
ブログランキング参加中!
応援のポチッ!を頂けると元気になります!

China Impact 無料教材

header

「中国輸入って稼げますか?」

今まで、多くの人に中国輸入について質問されました。

というのも、eBayやタオバオなどで売られている中国商品はすごく安くて、
見た感じ簡単に儲かりそうな雰囲気がしたからです。

僕はその度に、頑なに

「中国輸入の前に、まずは欧米輸入を試してみてください。」

と答えてきました。

その理由としては

  • 中国の商品は贋物が多いこと
  • 中国と取引するのは詐欺に気をつける必要性が高いこと
  • 販売価格が小額過ぎて、ぜんぜん儲からないこと

などです。

実際、ほとんどの人が儲かっていませんでした。

2009年あたりから輸入ビジネスをされている方の多くは実感としてあると思います。

あの時に中国輸入を選択した人と、欧米輸入を選択した人を追ってみて、
現時点での成功確率と成功の度合いを比べてみたら・・・

圧倒的に欧米輸入を選択した人が稼いでいます。

これは僕が自信をもって言えることです。

(大きなビジネスではなく、個人ビジネスの範疇で考えてください)

しかし、最近、その状況がどんどん変わってきています。

というのも、中国輸入ビジネスが、どんどん個人としても取り入れやすくなってきたからです。

それはなぜでしょうか?

 

「薄利多売が簡単になった」

一番大きな要因は、ずばり

「薄利多売が簡単にできるようになった」

ことです。

僕が欧米輸入を勧めていた理由の一つに、
個人輸入ビジネスでは薄利多売というのが非常に効率が悪かったことがあります。

もともと、薄利多売というのは大企業のビジネスモデルなのです。
大きな資本を持ってして、
安い商品を大量に仕入れて、大量に市場に投下して、
利益額を最大化する。

1回販売あたりの利益が100円だったとしても、
100万回販売すれば1億円の利益になるわけです。

ただ、普通に考えると、
個人輸入レベルで100万回、いや1万回でもいいですが、
販売するのは至難の業ではないでしょうか?

それなら、1万円の利益が出る取引を100回しようというのが、
僕が今まで進めてきた方法です。

しかし、ここ数年の販売環境の変化が、個人レベルの薄利多売戦略を可能にしたのです。

「Amazonの登場」

Amazonは2011年あたりから、
販売場所としてもものすごく魅力的な場所となってきました。

それまでは、マーケットプレイスがあると言っても

「本を販売する場所」

でしかありませんでした。

しかし、Amazonがどんどんユーザーを獲得し続けてきた結果、
本以外の商品もどんどん販売できるようになったのです。

そして、Amazonには、
他の販売場所には無いものすごく大きな特徴があるのです。

それは、FBA(Fulfillment by Amazon)と呼ばれる流通サービスです。

このFBAに商品を入れておけば、
商品が販売されたらすぐに、
Amazonがお客さんに商品を届けてくれるのです。

通常、オークションやネットショップだと、
自分でお客さんと連絡をとりあって、
住所を聞いたり、振込先を伝えたりして、
その後に、自分で梱包して、自分で発送しないといけませんでした。

しかし、AmazonでFBAを使って販売をすることで、
販売後のほとんどの作業をAmazonが代行してくれるようになったのです。

つまり、極論を言うと、
商品をAmazonに出品して、
後はその商品をFBAに送っておくだけで、
あとは自動販売機のように売れ続け、
何もしなくても商品がお客さんのもとに発送されます。

このFBAの機能ができたことで、
中国輸入の様な単価の低い商品を販売して儲ける

「薄利多売」

の戦略を、個人輸入ビジネスレベルでも行えるようになりました。

これは革命的なことです。

 

「中国から仕入れた何でも儲かるの?」

勘違いしてはいけないのは、
中国から輸入したら儲かるというわけではないということです。

というか、ほとんどの商品は、
中国から輸入したとしても、全然儲からない商品なのです。

だから、欧米輸入でも同じなのですが、
一番重要なことは

「儲かる商品のリサーチ方法」

ですね。

では、中国輸入については、どのように儲かる商品をリサーチすればいいのでしょうか?

一番簡単な方法は、
すでに売れている商品を探して、マネをすることです。

この方法は、輸入ビジネスの鉄則でして、
そのまま中国輸入ビジネスでも当てはまります。

日本のAmazonでよく売れている商品の中で、中国から輸入できる商品を見つけて、
その商品を自分も仕入れて販売すればいいのです。

今回、中国輸入で稼ぐ方法を詳細に説明した「CHINA IMPACT」という教材を発売しますが、
この教材の中では、その方法について詳しく説明しています。

「ライバルが出てくるのでは?」

今は儲かっているにしても、
そうやってどんどんマネをされて競合が出てきて、
すぐ稼げなくなるんでしょうか?

そう考える人もいるでしょう。

僕の見解ですが。
正しくそのとおりだと思います。

もし、誰も見向きもしないようなところで、
独占状態で稼ぎたいと考えているのであれば、
申し訳ないのですが別の方法を探してください。

ビジネスは競争です。

うまくやった人が稼げて、ダメな人は稼げなくなります。

世の中には、

「自動販売機を作って、何もしなくても毎月100万円!」

とか

「このネオビジネスに加入すれば、未来永劫稼ぎつづけられます」

とか、
そういうとてもおいしいビジネスがあるようですから、
誰とも競争したくない人はそちらにお金を落とせばいいと思います。

中国輸入ビジネスですが、
現時点では欧米輸入よりも競合が少ないということは確かだと思います。

それはなぜかというと、
やはり始めるまでにいろいろと障壁があるからです。
一番大きな障壁は

中国語です。

 

英語だったらなんとか辞書を使いながら読めるという人でも、
中国語となるとチンプンカンプンになるのではないでしょうか?

まず、ほとんどの人がここで参入を諦めます。

もちろん、教材に書かれている方法を使えば、
ある程度、この言語を使いこなすことは可能なのですが、
そこまで辿り着く人は少ないのです。

どんなビジネスでもそうなのですが、
参入障壁が高ければ高いほど、
その壁を超えた後は楽ちんになります。

なぜなら、後に続く人があまりいないからですね。

輸入ビジネスは全般的に参入障壁が高いです。

誰も違う言語を使って、
自分が住んでいる以外の国から商品を仕入れようなんて思いません。

それくらいなら、
ブックオフに行ってバーコードをピッてやったり、
ブログを量産してみたり、
Facebookで友だち申請しまくって変なメッセージを送ったり、
そういう方法の方が手っ取り早いのです。

その結果、
誰でもできることは誰でもやりまくるので、
すぐに稼げなくなってしまうか、
利益率が極端に落ちてしまいます。

中国輸入は、
言語のほかにも、

  • 支払いの問題
  • 中国と日本の文化の違い
  • 商品のクオリティが低いから検品をしないといけない

など、様々な問題があるため、

参入障壁は欧米輸入と比べても高めです。

その分、壁を超えたときの稼ぎは大きくなります。

 

どのくらい稼げるのかは、
その人の資金量や使える時間によって、
かなり変化します。

今回の教材では、目安として、
副業レベルで月10万円から30万円、
本業レベルで月30万円から100万円 を目標としています。

もちろん、もっと頑張れる方はもっともっとビッグビジネスにすることも可能です。

船原の知り合いの中には、
中国から商品を輸入して年商5億円ほど販売されている方もいます。

しかし、その場合は、販売先はAmazonだけに限らず、
楽天やヤフオクやネットショップも使い、
さらに卸売もしています。

この場合、年商5億円、利益1億円程度となっていますので、
本気になればこの位のビジネスに育てることができるということは、
伝えておきたいと思います。

ただ、今回の教材の目的は

「中国輸入ビジネス初心者が、ゼロの状態から月収30万円を稼げるようになる」

ことです。

副業レベルの時間を使って月収30万円稼げるようになれば、
後はそれをどこまで育てるかはあなた次第となります。

 

今回、フリーミリオネアクラブの方で、
中国輸入ビジネスを実践されている方にお願いし、
教材を作っていただきました。

出来上がった教材を読み、その方の方法を理解したときに、
船原は衝撃を受けました。

「ここまで、中国輸入ビジネスは進化しているのか・・・」

ですので、この教材名を

「CHINA IMPACT」

と読んで、教材作成者(片桐さんと言います)と共に、
教材についていろいろと議論を交わしてきました。

まず、最初に伝えておかないといけないことは、
最初にも言ったように中国輸入ビジネスの様な

大量仕入れ → 大量販売

のビジネスモデルは、
元々は大企業などが行うモデルであるということです。

その、今まで大企業に独占されてきたビジネスを
個人でも比較的簡単に参入できるように小分けしたビジネスが
CHINA IMPACTになります。

この方法は、どちらかと言えば、正攻法になります。

裏技ではありません。

誰でも、この教材を読みながら、STEP by STEP で実践できる内容となっています。

その分、楽して自動販売機を設置するかのごとく稼ぎたい方には

「なーんだ、そんなめんどくさいことしてられないよ」

という内容です。

なので、
お金をムダにしないためにも、
そういう夢のような裏技をお求めの方は絶対に購入しないでください。

この教材を参考にしていただきたいのは、
以下のような方です。

  • 輸入ビジネス未経験者
  • アメリカ仕入でほとんど稼げなかった方
  • 以前は稼げていたけれど、円安や価格競争で苦しい方

さらに具体的には、以下のように感じている方です。

  • 以前は儲かったのに、価格競争で儲からなくなった。
  • 円安で利益率が下がった。
  • いくらリサーチしても儲かる商品が見つからない。
  • 儲かる商品を見つけても、すぐにライバルが現れて価格が下がってしまう。

 

欧米輸入と中国輸入は、
同じ輸入という名前がついているものの、
ちょっと毛色が違うビジネスとなります。

なので、欧米輸入をしている方が、
中国輸入を始めるときには、
初めてやるようなことが結構多くなります。

なので、いわゆる
「相乗効果」
はあまりありません。

では、なぜ、船原が中国輸入を勧めるのか?

僕は何百、何千という方が個人輸入ビジネスに挑戦するのを見てきました。

もちろんですが、船原自身もその一人です。

そこで、実感として得られたのは、
どのビジネスが合っているのかは、千差万別、十人十色だということです。

フリーミリオネアクラブの講師の中には、
月収100万円以上稼いでいる人が多くいます。

しかし、その人達の得意とする方法を見てみると

  • eBayからヤフオクに販売する方法が得意な人
  • ネットショップを作って無在庫販売で稼ぐ方法が得意な人
  • Amazonで仕入れてAmazonで販売する方法が得意な人
  • PPCやSEOなどを駆使して、高値で販売することで利益を出すことが得意な人
  • 現地買い付けや卸交渉で極限まで安く仕入れることで利益を出すことが得意な人
  • そして、中国輸入で稼ぐことが得意な人

いろいろなタイプがいるのです。

だから、
ノウハウを提供する側としては、
少しでも多くの選択肢を提示して、
自分に合うビジネスを選んでもらうことが、
一番いいと確信しています。

つまり、
欧米輸入であまりうまく行かなかった人が
中国輸入で大ブレイクする可能性も大いにあるということです。

もし、欧米輸入で苦戦しているのであれば、
一度、中国輸入ビジネスに挑戦してみることは、
可能性を試すという意味では、悪いことではないでしょう。

 

header111

教材はPDFファイルベースのテキストが6章と、説明動画3つセットになっています。

●PDFファイルテキスト教材

・序章「タオバオとは?」

・2章「中国輸入で儲かるリサーチ」

・3章「中国輸入の仕入れポイント」

・4章「Amazonの販売の基本先着」

・5章「Amazon販売の上級テクニック」

・6章「Amazon以外の販路に挑戦しよう」

 

●動画教材

・動画1「タオバオ基本リサーチ解説」

・動画2「タオバオ上級リサーチ解説」

・動画3「ツールを使った上級リサーチ解説」

 

●特典教材

・特典1 HOW TO 中国輸入セミナー動画

・特典2 サポートサイトへご案内

・特典3 フォローアップメール

 

教材を購入する前に、
まず、片桐さんが用意した「ど素人でも稼げる中国輸入」という無料教材を読んでいただきたいのです。

この教材を読んで、
さらに中国輸入に興味を頂いたのであれば、あなたには中国輸入を行う適性があると思います。

そういう方は、ぜひ「China Impact」を購入してください。
成果が上がる可能性がかなり高いと思われますので。

無料教材は、以下のフォームに必要情報を記入し、
ダウンロードしてください。

当たり前ですが、こちらの教材は完全無料です。

費用は1円も発生しません。

また、この教材を読んだだけでも中国輸入を実践することができますので、
有料教材を買う前に、
試しに中国輸入を実践しようと考えている方は、
ぜひこちらの教材を読んで、すこしでも実践してみてください。

header15

関連記事
人気ブログランキングへ
     ↑
ブログランキング参加中!
応援のポチッ!を頂けると元気になります!

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://crossbiznet.blog77.fc2.com/tb.php/218-0db51d40

トルコリラFX業者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。